料理

的山荘では、城下かれいをはじめ、関アジ、関サバ、臼杵ふぐ、豊後牛など地産地消を志した割烹料理をご賞味いただけます。

別府湾、豊後水道の海の幸をメインに季節の食材を使用しております。

ランチメニュー 懐石料理 ( 要予約 ) 喫茶タイム
営業時間 11:30〜14:00オーダーストップ
営業時間 11:30〜14:00オーダーストップ 17:30〜22:00 14:00〜17:00
料金
内容
5,400円(要予約)、3,240円
(いずれも税込)。
お昼限定メニュー。
料金
内容
10,800円、16,200円、21,600円
(いずれも税込)等、
ご予算に応じて旬の素材を活かした懐石料理を
承っております。その他ご要望に応じ、ご相談承ります。
756円(税込)
コーヒー&お菓子
又は、ほうじ茶&お菓子

※定休日:月曜日(但し、祝日は除く) ※お食事は前日までのご予約制。
※季節によって献立はかわります。 ※写真のメニューは一例となります。

写真クリックで大画面でご覧いただけます。

季節の懐石

豊後牛しゃぶしゃぶ懐石

豊後牛しゃぶしゃぶ懐石

ミニ懐石

ミニ懐石

御昼の会席

御昼の会席

城下かれいの話

城下かれいは、普通のカレイとどう違うのでしょう。
城下かれいは、大分県日出町で獲れるマコガレイです
が、住んでいる場所が普通のマコガレイとはちょっと
違っています。
日出(暘谷)城趾の南の海底に真水の湧き出るところが
あります。
その真水の湧き出る海底で育ったマコガレイを「城下か
れい」と呼んで、昔から珍重してきました。
海底に真水が湧き出ているため、栄養素が豊富で、プラ
ンクトンが大量発生するため、餌が豊富で、ここで育っ
たマコガレイは肉厚で、その姿も他のマコガレイと違っ
て頭が小さく、大きな尾ヒレをしています。
江戸時代は、将軍様に献上される魚であり、庶民が食べ
ることが禁じられていたため「殿様魚」と呼ばれていま
した。
昭和の初めに美食家で知られる木下謙次郎の書いた
『美味求真』で日本の名物料理八選に選ばれたほど、
美味しい魚です。

城下かれい

城下かれい

城下かれい

城下かれい